やったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡

執筆者:

投稿日:2018-10-10 更新日:

2泊3日の検査入院の前回の記事の続きです。

2泊3日検査入院、その結果は?

検査をすべて終えたあと、主治医の先生から検査結果について説明がありました。

右心カテーテル検査の結果

  • 安静時の肺動脈圧は21(前回は19)
  • ペダル漕ぎのピーク時の肺動脈圧は43(前回は40)

どちらも前回より多少数値が上がっていましたが、誤差の範囲で問題ない数値ということでした。

検査時の血中酸素濃度

そして、検査時の血中酸素濃度は93%。

90%を切ることがなかったので、良い数値とのこと。

他の検査の数値も問題ありませんでした。

耳を疑うお告げが…

前回の検査に引き続き、今回の検査結果もとても良く、それに加えて普段の症状でも息切れ・胸の苦しさがなく、咳や痰もでないので…、

『酸素は完全に終わりにして大丈夫でしょう。』

と主治医の先生。

私は耳を疑いました。

『酸素量を減らせる』を通り越して、『完全に外せる』だなんて!

\(◎o◎)/!

課せられた条件

ただし、1つだけ条件が…。

私は寝ている間も2ℓ/分の酸素を吸っているので、酸素を外して寝た場合の血中酸素濃度が心配されたのです。

そこで入院最後の晩、寝ている間の血中酸素濃度を測りましょうということで指にパルスオキシメーターを装着して寝ることに…。

(-_-)zzz

その一晩の間の血中酸素濃度が93%以上なら酸素を外せますが、92%以下が続くようなら酸素を続けることになりました。

怒涛の朗報!溢れる主治医の先生のお告げ

それから、いま飲んでいる肺高血圧症の薬も、

『2種類とも中止して大丈夫でしょう。』

だなんて…。

\(^o^)/

ただし薬を一気に止めるのは体に悪いので、地元の病院の主治医の指示に従って1種類ずつ少しづつ減らしていき、いずれ中止できることになりました。

まさか、まさか、まさか…、

酸素も肺高血圧症の薬も卒業できるなんて全く想像していなかっただけに、心の底から嬉しくてたまりません。

\(~o~)/

まるで夢のようです。

おまけに6ヶ月ごとだった大学病院での検査入院も次回は1年後で良いということになりました。

寝ている間の血中酸素濃度はどうだった?

翌朝、指先のパルスオキシメーターに気が付いて、

『そうそう、血中酸素濃度の数値どうだったんだろう?』

もう気になって気になって仕方がありません。

すると朝早くに看護師さんが来てくれて、

『とても良い数値で98%の時もあったし、ずっと93%以上ありましたよ。』

と笑顔で教えてくれました。

(^^♪

そのあと先生からは、

『数値が良かったので完全に酸素を外していいでしょう。』

と(*^^)v

退院はボンベと共に…

酸素を吸わないで退院かと思いきや、私の酸素ボンベの機器は地元の病院でのレンタル品

地元の主治医からの指示がないと中止することはできないということで酸素からの卒業はもうしばらくお預けに…。

退院の誓い

酸素も肺高血圧症の薬も止められることになりました。

でもでもでも、完治したわけではないし、これ以上、症状が進まないというわけでもありません。

進行性の難病だから油断したら簡単に悪化してしまうでしょう。

主治医の先生からも、

「目標は酸素と薬を止めることだから、一度止めてみましょうということ。」

「もし1年後の検査の結果が悪ければ、酸素も薬も再開するし、肺の血管が再び狭くなっていれば、バルーンカテーテル手術も検討します。」

と言われています。

私の場合、退院後の注意事項は、

  • 無理して動きすぎない
  • 塩分を取りすぎない
  • 太らないこと

しっかり、と言うより命がけで守らなければなりません

5m先のトイレに行くだけでも、まるで100m走でもしてきたかのように息が苦しく、体が重く、思うように動けなかった日々。

点滴や手術の痛み、5時間安静時の辛さ、そして在宅酸素の煩わしさ…。

これらを忘れず、そして調子に乗らず

(私の場合、これが一番大事かも ^_^;)

『1年後の検査でも良い結果を出すぞっ!!』

と心に誓いました。

そして感謝

病状が悪化して心不全になったときは、

『2年間生存できる確率は20%』

という状態でした。

あのとき適切な治療を受けられなければ今頃は…。

その2年間が過ぎた今、家族と共に笑って暮らせている毎日が本当に有難く思います。

ここまで治してくれた先生方、看護師さんたち、病院のスタッフの方々、良い薬を開発してくれた製薬会社の方々、在宅酸素の業者の方々…。

たくさんの命の恩人の方々に、心の底から感謝しています。

そしてブログを通して心配して頂いたり、応援して頂いたりした皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです。

『本当に本当に、ありがとうございます』
 m(_ _)m

続きの記事はコチラ
この記事は2015年7月17日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-, , , ,

関連記事

『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果

前回の記事でお伝えした通り、手術日のドタバタがあり神への祈りをした私ですがいよいよ手術日当日を迎えました。 Oh my GOD! 手術前の混乱 ふわふわ生きる  1 us …

妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない

かの東日本大震災のあと、2011年に4月に発病した妻の病気、『脳静脈血栓症』。 それは絶望的に脳の血管が詰まってしまう深刻な病気でした。 妻が、脳静脈血栓症になりまして… ふわふわ生きる&n …

難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】

前回の記事で主人がどんな応援をしてくれているか、その一部をお伝えしました。 難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】 ふわふわ生きる  1 user 1 po …

病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い

前回の記事では心不全の数値が改善して心は『踊るふなっしー』だったことをご紹介しました。 『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新! ふわふわ生きる  1  …

私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話

前回の記事では、どの病気でもよくある点滴や採血のお話をしました。 CTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ! ふわふわ生きる  1 user 1 poc …

最新の投稿記事です