バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス

執筆者:

投稿日:2018-10-07 更新日:

前回の記事では私の最後の手術についてお伝えしました。

今回は妹の一言で私の入院生活が一変してしまったことについてお伝えしたいと思います。

入院嫌いの方、良かったら参考にしてみて下さい。

術後の説明

4回目のバルーンカテーテル手術の翌日、手術を担当した医師から術後の説明を受けました。

画像を見ながらとても分かりやすく丁寧に説明して下さいました。

平均肺動脈圧は<21㎜Hg>まで下がりました。

「予定通り、これでバルーンカテーテル手術は終了します。」

「今後少しづつ良くなっていくと思いますが、術後1ヵ月位してから良くなったと感じる患者さんが多いようです。」

「ただ、中には悪くなる方もごく少人数いるので、その場合は追加の手術を検討します。」

「次回、半年後に安静時と運動時の検査をして、その結果次第では酸素を外せるかもしれません。」

「これからは階段も息切れしないで上れると思いますが、パルスオキシメーターで90を切らないように様子見ながら動くように。」

安静時は自覚症状がなければ酸素を外してもいいでしょう。」

と、いう内容でした。

息切れしないで階段を上れるとか、安静時は酸素を外していいとか、一気に目の前がパーっと明るくなったような気がしました。

妹からの励ましの言葉

入院前に妹からもらった励ましの言葉で、今回は前向きな気持ちで入院に挑めました。

「病院じゃなくてホテルでバカンスだと思えばいいんじゃない?」

「家の事とか忘れてセレブにでもなったつもりで行ってきなよ。」

と。

なるほどねえ、ホテルでバカンスねえ。

そういう発想が私にはなかったし、単純な私は急に入院に対する気持ちが軽くなりました。

私のセレブなバカンス

そして『大学病院ホテル』で、自分一人の時間を楽しむためのグッズをスーツケースに詰め込みました。

今 はまっている韓国語の勉強道具一式

お気に入りの音楽いろいろ。

娘が貸してくれた小説を3冊

息子からはクロスワードパズルの懸賞付きの雑誌。

 

それから・・・セレブなので美肌グッズいろいろ。

美容液をたーっぷり含んだ顔のパック用シートいっぱい。

顔をコロコロする美顔ローラー

微かにバラの香りがする保湿クリームなどなど。

お蔭で癒し系の音楽を聞きながら、顔のパックをする贅沢な時間を満喫できました。

そういえば・・・ここ最近、自分の好きな音楽をじっくり聴くなんてこと無かったなあ、って気がつきました。

語学だって学んじゃうセレブな毎日

それから韓国語の勉強にも集中できました。

看護師さんとも語学の話で盛り上がりました。

中には現在、英語の勉強中で将来は海外で看護師をしたいという看護師さんがいたり…。

意外だったのは回診に来たE医師と韓国ドラマの話ができたこと。

E医師お勧めの韓国ドラマも教えてもらえました。

ただ一つ残念だったのは・・・

診察後にE医師が去って行くとき韓国語で、

「ケンチャナヨ (大丈夫ですよ)」

と言ってくれました。

私はその意味も分かりましたし、

「ソンセン二ム、カムサハムニダ (先生、ありがとうございます)」

と返せばいいことも分かっていました。

超易しいレベルの韓国語でした。

なのに、とっさに韓国語で返すことが出来なかったんです。

今思い出してもうまく返せなかったことが悔しくてなりません。

気が重くなりがちな入院も気の持ちようでこんなに違う

なんだかとっても充実した入院生活でした。

もちろん、痛いとか辛いとか、不安があればこうはいかなかったでしょう。

そう、前々回の入院では、右心不全の悪化と、点滴・採血の針の痛みに苦しんで、毎日早く退院したいとばかり考えていました。

入院を楽しむ余裕なんてありませんでした。

だから今回は入院の最初に点滴の針交換の回数を減らしてもらうことと、針を刺すのが上手な方にお願いしたいと自分の希望を看護師さんに伝えておきました。

そのせいか点滴の針が刺さっていることを忘れるくらい上手に刺してくれて、針の痛みで苦しむことは1度もありませんでした。

そして前回は初めてのバルーンカテーテル手術で不安がいっぱいで、術後の安静時も体が痛くて辛い状況でした。

でも今回は3回目・4回目の手術で気持ちに余裕があったし、首からのカテーテル挿入になったので術後の体の痛みもありませんでした。

だからだろう。

今回は『大学病院ホテル』でのバカンスで、自分一人の時間を満喫することができました。

今後の入院

この病気はこの先ずっと定期的な検査が必要で、そのたびに大学病院に2泊3日で入院しなければならないだろうと主治医から聞いていました。

「定期的に入院だなんて、なんて面倒な病気を罹ってしまったんだろう」とずっと気が重かったんですが…。

でも今回、入院を楽しむコツを掴んでしまった私には、もう恐れるものは何もありません

たくさんの方々に感謝

術後、相変わらず軽い咳は続いてはいましたが、動悸はおさまり経過も良いので退院出来ることになりました。

医師、看護師、介護補助の方、沢山のスタッフの方たちに助けてもらいました。

感謝しても感謝しても、感謝しきれません。

そうそう、掃除のおばちゃんとのおしゃべりも楽しかった。

毎日ほんの僅かな時間だけど、子供の話題とか、病気以外の話題とか…

退院のお楽しみ

退院の日が決まった時、看護師さんからこんな質問をされました。

「クリオネさん、午前中退院ですけど、お昼ご飯はどうしますか?」

と。

私は丁寧にお断りしました。

なぜなら・・・<一番のお楽しみ>がまだ残っていたからです。

そう、帰宅途中<コメダコーヒー>で、エビフライの大皿メニューを食べることを忘れてはいなかった。

続きの記事はコチラ
その時のHaruの記事を見てみる
この記事は2014年10月9日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-, , , , ,

関連記事

肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」

前回の記事でバルーンカテーテル手術の模様をお伝えしました。 初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました ふわふわ生きる  1 user 1 p …

バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復

前回の記事でご紹介した相棒・携帯用酸素ボンベといよいよ退院です。 私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話 ふわふわ生きる  1 user 1&n …

『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?

前回の記事では時系列とは異なる近況をお伝えしました。 『肺高血圧症』な私の最近の病状 ふわふわ生きる  1 user 1 pocket 今回からはまた当時の状況 …

Oh my GOD! 手術前の混乱

前回の記事で、手術に向けて準備万端で入院したことをお伝えしました。 入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術 ふわふわ生きる  1 user 1 po …

2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!

目次1 6か月ぶりの定期検診2 入院1日目の検査2.1 検査項目は?2.2 6分間歩行検査は?3 血栓?決戦?前夜(右心カテーテル検査前夜)3.1 勘弁して!尿道カテーテル3.2 私の提案した回避策4 …

最新の投稿記事です