ヨーロッパで家探し~Uniplacesでピソを借りてみる

執筆者:

投稿日:2018-10-28 更新日:

こんにちは、zuzuです!

前回に引き続き、留学先での住まいのお話です。

こちらの記事(留学先の家探し~寮?ピソ?ホームステイ?)に詳しく書きましたが、私は現在、スペイン・サラマンカのピソで暮らしています。

でもピソってどうやって探せばいいの?契約ってどうするの?と不安な方も多いと思います!

そこで今日は私が今住んでいるピソを探して契約するまでの流れについて書いていきます。

インターネットでピソを探すには?おすすめは”Uniplaces”

既に留学生活が始まっていて現地に滞在している、寮から引っ越すために新しくピソを探したい!などの場合を除いてほとんどの場合、日本から現地での住まいを探すことになると思います。

私も当初は寮に何か月か住む予定だったので、現地に着いてからピソを探し始めればいいや~なんてのんきに考えていました。

しかし入るつもりだった寮がいっぱいで入れず!急いでピソを探さなきゃ!

という切羽詰まった状況で焦ってピソを探し始めました(笑)

そこでたどり着いたのがUniplacesというサイトです。

おそらくidealistaというサイトがスペインではかなりメジャーだと思うのですが、個人的にUniplacesのほうがインターフェースなどがわかりやすかったのでこちらを使いました。

Uniplacesは基本的に学生が住居を探すためのサイトで、検索窓に都市名や大学名を入れると候補がずらーっと出てきます。

家賃や設備、家のルールなどで絞り込んだり、家賃が安い順などで並べ替えができるので、上から順番に見ていって条件に合う物件を探していく感じです。

詳細画面に移ると家のルール(禁煙、ペット不可など)や備え付けの設備などが確認できるのですが、アイコンと文字で表示されているため、とにかくわかりやすくてよかったです!

キャンセルポリシーや最低宿泊日数などの情報も詳しく書いてあり便利です。

ピソを決める際にチェックしておきたいこと

私がピソを選ぶときに気をつけていたポイントを紹介します!

最低限これだけは譲れない!ポイント

・家賃に水道光熱費込み

これはとても重視したポイントです。

私が選んだピソは「電気代・水道代・インターネットすべて込み」でした。

(ガス代について言及されてない場合はおそらくキッチンがIHです)

これらが家賃に含まれていない場合は、使った分をピソのルームメイトと折半したりすることになるかと思います。

水道光熱費がどれくらいになるのか予測できないのがこわかったのと、生活しながら気を遣う部分が多くなるのが嫌だったので毎月一定の家賃で済むピソを選びました。

(もちろん、すべて込みだからといって好き放題水を使ったり電気をつけっぱなしにしていいわけではないですが笑)

特に日本人はシャワー等で思った以上に水を使ってしまうと聞いたので、少なくとも水道代は家賃に含まれているところがいいかもしれません。

「日本人が来てから水道代が上がった!」なんてルームメイトとトラブルになるのは嫌ですからね(笑)

・Wi-Fi環境がある

これは私にとってかなり重要です笑

ネット環境があればどこにでも行けますが、なかったらどこにも行けないと常々思っています。

ほとんどのピソにはWi-Fiがあると思いますが稀にないところもあります。

ちなみに今のピソには一応Wi-Fiがありますがかなり弱いです!

最初は少し落ち込みましたが、幸いなことにパソコンに繋げる有線ケーブルがあるので、自分のパソコンをルーター代わりにしてWi-Fiを飛ばして使っていることが多いです。

・暖房がある

これもないことはめったにないとは思うのですが、一応確認したほうが安心です!

暑そうなイメージがあるスペインですが、サラマンカは特に北の方に位置しているので冬は結構寒いようです。暖房がないと生きていけません。

私のピソもそうですが、スペインの暖房はセントラルヒーティングが主流です。

温水が各部屋に備え付けられている暖房器具に送られてきて、部屋を暖める仕組みです。

中央でコントロールしているので自分では温度調節などできません(たぶん)

こんな感じです。つまみがスイッチですが、大元のスイッチが入っていないと回してもつきません。

ピソ全体で暖房が稼働する期間が決まっているようです。

(今年は暖房期間が始まったにも関わらずつかないので大家さんが何度か管理会社に電話していましたが…笑)

ちなみにエアコンはない家が多いと思います。

夏は暑いとはいえ日本と違い湿気がないので、冷房がなくても窓を開けたりしていれば特に問題なく過ごせました。

・”Visited”の表示がある

Uniplacesに登録されている物件は、”Not yet verified”, “Verified Landlord”,”Visited”,”Exclusive”の4つに分類されています。

順番に、「まだUniplacesのスタッフが確認していない物件」「オーナーとコンタクトを取って確認済み」「スタッフが実際に訪問済み」「Uniplacesイチオシ物件」となっています。

Exclusiveはめったにないですが、Visitedなら結構あります。

やはり実際に内見などできない状態で家を決めるにあたって、どの程度信頼できるピソなのかということは重要です。

私はVisitedの物件に絞って探していましたが、少なくともVerified Landlordだと少し安心です。

・部屋に鍵がかかる

ルームメイトを信用しないわけではないですが、やっぱり何かのときのために鍵がかかったほうが安心です。

旅行などで数日家を空けることもあるので、自分の部屋に鍵があるところを探しました。

とはいえ最近は鍵をかけておくことの方が少ないですが…

どちらにせよ部屋に貴重品をそのまま置いておくことはせずに、鍵のかかるスーツケース等に入れておくのがいいかと思います。

できれば気をつけておきたいポイント

・女性・男性のみ

特に女性は女性専用のピソのほうが安心感はあるかと思います。

ただスペイン人の友人を見ていると、男女で同じピソに住んでいることは結構普通なようで、そこまで気にならないのであれば男女一緒でも大きな問題ではないかなと個人的には思います。

女性専用で探すとかなり絞り込まれてしまったというのもあって今は男女一緒のピソに住んでいますが、今のところルームメイトは女の子だけです。

・バス・トイレの数

大人数住んでいるのにトイレが1つしかない、というような物件はできれば避けた方がいいかもしれません。

誰かがシャワーを使っている間トイレに入れない…というようなことが起きます。

ベッドルームが3つでバス・トイレが1つのピソを選びましたが、個人的にはこの人数で限界のような気がします。

・オーナー情報がしっかり書いてある

今のピソを選ぶ決め手になったのがこれです。

Uniplacesでは契約が成立するまでは、オーナーの名前やメールアドレスといった情報は知ることができません。

Resident landlordという項目があれば、オーナーが一緒に住んでいるということなので多少詳しい情報が書いてあります。

「女性・40歳以上、仕事を持っている」という記載があったことと、Uniplacesで申請してからの返事の速さ、返信率がよかったことで信頼できるオーナーだと感じました。

スペインでは大学の事務でさえメールの返事が来ないことが日常茶飯事なので、きちんと返信してくれる人というのはかなり好感度が高いです(笑)

たくさんポイントを挙げましたが、人それぞれ重視するポイントは違うと思います。
こちらを参考に、家賃や大学までの距離なども考慮して自分に合ったピソを探してみてください!

家を選んだら…いよいよ契約手続き

条件に合う部屋が見つかったら、ようやく契約手続きに移ります。

Uniplacesを通してリクエストを送るにはアカウント登録が必要なので、はじめにアカウントを作っておきます。

希望の部屋がいつから利用可能かを確認し、いつからいつまでの契約にするのか選択、必要事項を入力してリクエストを送ります。

私はとりあえず3か月で契約して、もし何も問題がなければ契約延長することにしていました。

このとき入力したクレジットカードから初月の家賃と手数料が引き落とされます。

ここでポイントなのですが、Uniplacesでは一度に複数の部屋に対してリクエストを送ることができます。

返事が返ってこないということも十分考えられるので、希望の部屋をいくつかチョイスしておくといいと思います。

ただし、最初にリクエストが承認された部屋に自動的に決定してしまい、その時点で他の部屋に送っていたリクエストはキャンセルされてしまうので注意です!

リクエストが承認されると、Uniplacesから登録しているメールアドレスにメールが届きます。

「リクエストが承認されたので家賃と手数料が引き落とされました!入居日に直接オーナーに保証金を支払ってね!」というような内容です。

私の場合、200ユーロの部屋で手数料は50ユーロでした。この金額は初月の家賃によって変わるようです。

保証金は大体の場合、1か月分の家賃と同じ額だと思います。何もなければピソを出るときに返してもらえるものです。

また、ここではじめてオーナーの名前、電話番号、メールアドレスなどの情報が送られてきます。

Uniplacesからメールが届いた時点で契約は完了しているのですが、一応こちらからオーナーのメールアドレスに連絡しました。

何か質問がある場合はあらかじめ聞いておいた方が安心です。

私は「もし延長希望の場合は契約更新できるのか」ということを確認したところ、「事前に言ってくれたら大丈夫だよ」とのことでした。

オーナーと連絡が取れたら、あとは当日その住所に無事たどり着ければミッション完了です!笑

家が決まるまではかなりやきもきしましたが、何とか希望に合うピソを見つけることができました。

今回はUniplacesからピソを契約する方法を紹介しましたが、すでに留学している知り合いにピソを紹介してもらったり、Facebook等の留学生グループでルームメイトを探している学生に声をかけたりする方法もあります。

これから留学する方が素敵なピソを見つけられることをお祈りしています!

それでは今日はこの辺で。

¡Hasta luego!

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-海外留学情報

関連記事

スペイン到着後最初の難関?~サラマンカでTarjeta de estudianteを受け取る

こんにちは、zuzuです! 今回はスペイン留学するみなさんにとって、現地到着後の最初の難関となるであろう、Tarjeta de estudianteの申請と受け取りについて紹介します。 この記事の情報 …

留学先の家探し~寮?ピソ?ホームステイ?

こんにちは、zuzuです! 留学生活において、住む場所ってとても重要だと思います。 家の居心地が良いかどうかでモチベーションも変わってきますよね。 特に留学生活最初の住居は日本にいる間に決めなければい …

最新の投稿記事です