『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!

執筆者:

投稿日:2018-10-06 更新日:

前回の記事では私が服用しているワーファリンについてお伝えしました。

今回は術後の検査・『肺血流シンチ』についてお伝えします。

『肺血流シンチ検査』を受けに大学病院へ

1回目・2回目のバルーンカテーテル手術を終えてからの私には以下の予定が控えています。

  • 4ヶ月後に<肺血流シンチ検査>
  • 5ヶ月後に3回目・4回目のバルーンカテーテル手術

1回目・2回目のバルーンカテーテル手術の様子は以下の記事をご参照下さい。

その<肺血流シンチ検査>の日がやって来たので、久しぶりに大学病院に行って来ました。

主人が休みを取ってくれて病院まで送迎してくれました。

ありがたや~

『肺血流シンチ検査』とは?

私はこの検査を受けるのは2回目になります。

1回目はこの病気の確定診断の時に受けた時。

肺血流シンチ検査ではまず『放射性物質(放射性同位元素)を含む薬』を腕の静脈に注射します。

放射性物質を体の中に入れる、なんて聞くと「大丈夫なんだろうか?」と心配になってしまいますが…

そもそも人間は自然界からも放射線を浴びていますし、この検査ではごく微量、身体には害にならない量を使用するので心配はないそうです。

副作用の頻度も、造影剤(CTやMRIで使う)よりも低く安全性は確立されているといいます。

注射の後は20~30分、検査台に仰向けに寝るだけです。

私の体の中に入った『放射性物質を含んだ薬』は、骨や臓器に集まって放射線を発します

検査台に横たわる私を囲むように検査機材があり、特殊なカメラで放射線を捉え画像にします。

それによって病気が存在するかどうかの診断や、機能診断をしてもらえます。

私の場合は<肺血流>の検査ですが、それ以外にも骨・骨以外の全身・脳血流・心臓・消化器・肝臓・腎臓(副腎)・甲状腺(副甲状腺)などの検査で行われています。

そう言えば大分前になりますが、私の父が脳の病気になった時、脳の血流を調べましょうと言われてやったのが<脳血流>シンチ検査でした。

私の父の病気のことは以下の記事をご覧ください

私の『肺血流シンチ検査』の結果は…

<肺血流シンチ検査>後、大学病院での主治医・C医師から検査結果を伝えられました。

バルーンカテーテル手術の効果が出てきていて、検査でも血流の改善が認められました。

「自覚症状も改善されているようだし、追加のバルーンカテーテル手術はあと1回~2回で済むでしょう。」

「運が良ければ在宅酸素療法もしなくて済むかもしれないですね。」

とのことでした。

順調に回復していることにとても安心しました。

嬉しかった。

予定通り、翌月に3回目・4回目のバルーンカテーテル手術を行なうことをC医師と確認。

入院の予約室で手続きを済ませ、帰宅しました。

私の気持ちはもう来月のバルーンカテーテル手術に向かっていました。

「よしっ!!あと2回頑張ろう。」

「今より更に良くなって、在宅酸素が取れて、普通に呼吸が出来るようになってみせる。」

「そして長生きしてやるんだー!」

と希望に満ち溢れていました。

続きの記事はコチラ
この記事は2014年8月25に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-,

関連記事

『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!

前回の記事では病気になってからの『私の夏』をご紹介しました。 『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出 ふわふわ生きる  1 user 1 pock …

『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』

前回の記事で2泊3日の検査入院の様子をお伝えしました。 進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った ふわふわ生きる  1 user 1 pocket 今回の …

第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~

現在、私の妻はこの病気と向き合うこととなっています。 ⇒ 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)関連記事を一覧で見る 目次1 第1回目の手術を受けるまでの妻の経過1.1 検査入院からそのまま治療のため …

『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?

前回の記事では時系列とは異なる近況をお伝えしました。 『肺高血圧症』な私の最近の病状 ふわふわ生きる  1 user 1 pocket 今回からはまた当時の状況 …

バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復

前回の記事でご紹介した相棒・携帯用酸素ボンベといよいよ退院です。 私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話 ふわふわ生きる  1 user 1&n …