南米エクアドルのアンデス民族音楽バンド RAYMISのコンサートに魅了

執筆者:

投稿日:

今回はたまたまショッピング中に出会った素敵な南米のバンドをご紹介したいと思います。

今回の記事はHaruがご案内いたします。

アンデス民族バンド RAYMISとの偶然の出会い

心に響く音色にすっかり魅了されてしまいました。

3連休は絶好の行楽日和でしたので、お出かけされた方も多いかと思います。

我が家では、『酸素ボンベ』が必須なので遠出はできませんが、ちょっとしたことを存分に楽しめちゃうところがあります。

ですからショッピングモールでも楽しい場所を見つけると、それだけですっかり楽しいひとときを過ごすことができます。

今回の3連休の前日は妻の定期検診があって有給休暇をとって行ってきたのですが、帰りに寄ったこのショッピングモールでたまたまやっていた無料のコンサート。

魅了されたアンデスの民族音楽の音色

とても素敵なコンサートですっかり魅了されてしまいました。

電気屋さんでちょっと見たいものがあってフラフラしていたら心地よい音色に誘われて吹き抜けの2階から階下を覗くと…

その名は『RAYMIS(ライミス)』

南米エクアドルのバンドの演奏だということでした。

その名を 『RAYMIS(ライミス)』 と言います。

こんな笛の音がとても心地いい、アンデス民族音楽を演るバンドです。

こんな人たちが演奏しています。

少し哀愁のある笛の音色も良いですが、弾んだ曲も素敵でした。

通訳の方の紹介では『失恋の歌』とのことでしたが、何ともリズミカルな曲調で自然に体が動いてしまう曲もありました。

こんな感じの曲でした。

居合わせた人を自然に躍らせるRAYMIS(ライミス)の躍動するリズム

平日の昼間だったせいもあり演奏に聞き入っていたのは年配の方が多かったのですが、みんな手拍子をしたり体を揺すったりしてすっかりノリノリでした。

そして、どうも熱烈なファンもいるようで狂ったように踊っていたおばさんも…(^_^;)

ステージの表情もなかなか良かったです。

南米と言うとペルーの音楽やサイモン&ガーファンクルの『コンドルは飛んでいく』を思い浮かべますが、エクアドルもなかなかです(^o^)/

キャッチフレーズの『心に響く音色と大地のリズム』、まさにその通り!

音楽は理屈ではなく体が動いちゃう、素敵なものですね。




 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-エンターテインメント

関連記事

SISAY(シサイ)の子細をご紹介しましょう!南米エクアドルの兄貴バンド!

ショッピング中に出会ったバンドがきっかけで知った南米エクアドルのバンド『SISAY』のご紹介です。 今回の記事はHaruがご案内いたします。 目次1 ブログ記事が縁で知ったSISAYというバンド2 日 …

マルーン5 音楽だけに留まらない魅力「知らずに聴いているポピュラーミュージック」

目次1 テレビから大好きなマルーン5が…2 アルバムもお勧めの「マルーン5」3 CMにも引っ張りだこのマルーン54 映画出演だってしちゃうマルーン5 テレビから大好きなマルーン5が… 数日前の午前中の …

最新の投稿記事です