バルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと

執筆者:

投稿日:2018-10-01 更新日:

前回の記事では私に大切な『酸素』を届けてくれるお話をお伝えしました。

そんな生活をしながら手術後の経過は…。

定期健診も私にとっては『わくわくのお出かけ』

バルーンカテーテル手術から1ヶ月が経ちました。

ムクミも無いし、息切れも無くだいぶ動けるようになって嬉しいです。

この日は術後初めて自分で運転し、地元のA病院へ。

運転中も酸素を吸わないといけませんので、助手席のシートを目一杯後ろに下げ、空いたスペースに<相棒>の携帯用酸素ボンベを押し込みます。

久しぶりの運転と、自由に出掛けられることにドキドキわくわく!!

病院駐車場で『試練』が待っていた

30分程の久しぶりのドライブで病院に着きました。

地下の駐車場に入ると、運悪く端っこの変なスペースしか空いていませんでした。

「随分狭いなあ」と思いながら車から降りて、助手席側から<相棒>を降ろそうとして気が付きました。

変な柱の出っ張りがあり、それが邪魔して十分にドアが開かないということに。

なんとか<相棒>を出せないものかと色々やってみましたが、十分にドアが開かない限り無理だと諦めました。

こんな試練が待っているとは思いもよりませんでした。

<相棒>を置いて行く訳にもいかないので、仕方なくまた車に乗り込み
    ↓
一度車を前に出す
    ↓
一旦降りて助手席側にまわり<相棒>だけ降ろす
    ↓
再度、車に乗り込んで駐車し直す

健康だったらしなくていい「こんな面倒な作業」についイラつき、思わず

『モー!!こんな物 持ち歩かなきゃならないから大変なのよっ!!』

って心の中で<相棒>に八当たりしてしまいました。

検査結果は?

この日の検査は〈血液検査〉のみでした。

心不全の数値(BNP)は、なんと19にまで下がっていました。

前回の数値57から更に下がった上、正常値18.4とほとんど変わらない数値にビックリするやら嬉しいやら!

手術をしてくれた主治医、B医師も喜んでくれました。

血のサラサラ度は1.64でした。

前回が1.54でしたので数値は少し上がったものの、目指す数値2.0~3.0にはまだ届きません。

そのためワーファリンは僅かばかり増量となりました。

ワーファリンと食生活

もしかしたら…自分では「緑の野菜」を控えているつもりですが、まだ摂り過ぎていてワーファリンの効きが悪いのかも?と心配になりました。

それでB医師に「緑の野菜」を減らした方が良いかと尋ねてみると…

「食習慣はなかなか変えられないものだし、食事を変えられちゃうと薬での調整が余計しにくくなるから、今のままで良いですよ。薬で調整すればいいから大丈夫ですよ。」

 

と笑顔で答えて下さり安心しました。

八つ当たりしてごめんね、<相棒>

検査結果が思った以上に良く、自覚症状も悪くありません。

多少の不便はあるものの少しずつ今までの生活に戻っています。

トイレさえ苦しかったこの身体がこんなに回復するなんて…

本当に嬉しくて嬉しくて仕方ありません。

入院と手術と沢山の検査を頑張ってきて本当に良かったと思っています。。

私を救ってくれる多くの方々、支えてくれる方々、そして家族に改めて感謝。

検査結果の良さにすっかり気分も良くなり、八当たりしてしまった<相棒>にも感謝しながら病院を後にしました。

続きの記事はコチラ
この記事は2014年8月13日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話




 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-, , , ,

関連記事

2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合

目次1 難病の書類が変更になりました1.1 医療券の変更1.2 新設・自己負担上限管理票2 支払限度額がUPで、あっぷあっぷ!!3 自己負担割合は下がったけれど…4 嬉しい合算5 定期健診のお会計6 …

地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?

前回の記事では、大学病院での検査の状況と併せて、検査結果が良好で、主治医の先生から在宅酸素療法を終わりにして良いと言うありがたいお言葉を頂いた様子をお伝えしました。 やったー!酸素が外せる!「慢性血栓 …

『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果

前回の記事では、3回目の手術を終え順調な経過であることをお伝えしました。 『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果 ふわふわ生きる  1 user 1 poc …

『肺高血圧症』な私の最近の病状

前回の記事では肺高血圧症と闘う少女のお話をご紹介しました。 闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに ふわふわ生きる  1 pocket …

CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」

出典:テレビ朝日 公式サイト 「ドクターX」 私の妻が闘病している難病・CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)がドラマの題材になったということです。 この病気は一旦罹患すると大変進行が速い病気です。病 …

最新の投稿記事です