『老人性てんかん』とは? その特徴をご紹介します

執筆者:

投稿日:2018-09-20 更新日:

前回までの記事で父の病気についてご紹介しました。

今回はもう少し掘り下げて『老人性てんかん』についてご紹介したいと思います。

老人性てんかん発作の特徴を知ろう!

『子供のてんかん』の発作は、口から泡を吹いて痙攣したり、バタッと倒れたり、意識喪失といったとても分かりやすい症状です。

でも『老人性てんかん』の発作は気づきにくいことが多いようです。

『老人性てんかん』の特徴、兆候として以下のようなものが挙げられます。

  • 目つきが変で、一点を見つる
  • 歯を食い縛る
  • 口をピチャピチャ鳴らす
  • 手をモゾモゾ動かす
  • 体を揺らす
  • ボーッとして動きが止まる
  • 睡眠中に痙攣する
  • 発作中のことを覚えていない
  • 発作の継続時間が1~2分程度と、とても短い

『子供のてんかん』発作をイメージしていると、見逃してしまうかもしれませんね。

私の父の場合

突然 動作が止まり、虚ろな目で一点を見つめながら、歯を食い縛ることが数回ありました。

発作の継続時間は、いつも30~40秒くらいでした。

睡眠中に歯を食い縛り痙攣したことが数回ありました。

発作の継続時間は、毎回1分くらいでした。

高齢者のてんかんに詳しいサイトがありますのでご参考にしてみて下さい。


次回は父の回復後に思ったことを綴っています。

【父の『老人性てんかん』回復までを体験して思うこと】: ふわふわ生きる
 ふわふわ生きる
この記事は2014年7月20日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。




 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-介護

関連記事

母の粘りで『老人性てんかん』の適正な治療を受けることができた父

前回の記事の続きで「老人性てんかん」についてお伝えします。 認知症に間違われやすい 『老人性てんかん』 ふわふわ生きる  1 user 目次1 母の『粘り』で診断された父 …

認知症に間違われやすい 『老人性てんかん』

記念すべき最初の『病気の話』を何にしようかと色々考えました。 自分が患った病気にしようかとも思いましたが、思うところあって、父が患っている<老人性てんかん>のお話をしようと思います。 目次1 認知症と …

父の『老人性てんかん』回復までを体験して思うこと

前回の記事では、『老人性てんかん』の特徴をご紹介しました。 『老人性てんかん』とは? その特徴をご紹介します ふわふわ生きる 目次1 父の回復ぶりを見て思うこと2 認知症と診断されている患者 …