夏のモンゴルは有名人遭遇確率が高い?

執筆者:

投稿日:

モンゴルのツアーを何回か企画したことがあります。

モンゴルと言えば、ゲルと呼ばれるテント式の家に泊まって、

乗馬などを楽しむツアーがよくありました。

今回の記事はHaruがご案内いたします。

モンゴル添乗のチャンス到来

私もモンゴルのハイライトを楽しむツアーを企画したことがありますが、添乗などで現地に行ったことはありませんでした。

でも「ある団体」の大型手配旅行でとうとう添乗員として同行する機会がありました。

初めて行く国は不安もありますが、いつもワクワクします。

モンゴルの旅行シーズンは夏限定

モンゴルは緯度が高く寒いところなので、オンシーズンは限られており、夏の間に一気に旅行のピークを迎えます。

そのため、高い確率で芸能人などの有名人と遭遇する機会に恵まれます。

往路の飛行機での微妙な有名人との遭遇

便数の少ない飛行機では、元中日ドラゴンズの谷沢選手、まだたけし軍団だった、そのまんま東など、微妙な有名人と同じフライトで「微妙に喜んで」いました。

そして…、

モンゴルの玄関口・首都ウランバートルでの大物との遭遇

ウランバートルでは、「微妙」ではなく「大物」に会うことができました。

ウランバートルも外国人向けのホテルは限られており、有名人との遭遇確率が高いです。

2日目にホテルを出発する前にロビーで待っていた時にサングラスをかけた屈強なボディーガードを2人も引き連れた「がたいのいい」西洋人が来るので目を引きました。

一体誰だ?と思い、よく見ると…???もしや、ハリソン・フォード

って、思って、ガイドに聞いたら、

「違う、違う、えっと、えっと、リチャード…」

「あっ!そうだ!リチャード・ギアだ!」

「そうそう、リチャード・ギア。」

モンゴルの常連客

なんでも、毎年モンゴルを訪れているそうでウランバートルでは常連客のようです。

前日、現地ガイドがファンの態度で話しかけた時にかなり不機嫌だったようで、声をかけない方が良いとのことでした。

私は「愛と青春の旅立ち」などの優男(やさおとこ)のイメージがあったので、かなりワイルドだったいでたちに、思わずハリソン・フォードと勘違いしたのですが、まさしくリチャード・ギアが目の前にいました。

結局、怖いので写真も撮れず遠巻きに見ているしかありませんでしたが、ミーハーな私はこれだけでモンゴルに来た甲斐があるって感じでした。

カッコよかったです!

他の国に行ったときは有名人に会うことなんてなかったので、モンゴルはやっぱり有名人遭遇率が高いのかなって思います。

結構、テレビの取材などもありますからね。

今回は、単なる自慢でした…
(^_^;)

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-添乗員こぼれ話

関連記事

アンコールワット添乗で出会ったカンボジアのブラック・ジャック

ベトナム・ホーチミンシティ経由でカンボジアが誇る遺跡・アンコールワットを訪問したツアー。 初めての観光地でワクワクしていたのも束の間、トラブル続きで身の不運を呪いました。 そんな状況のなかカンボジアの …

ほろ苦い香港の100万ドルの夜景とルームサービス〔前編〕

添乗員として失敗は数知れず。 その中でもとっても悔しい思い出があります。 高級ホテル・アイランド・シャングリラからの香港の夜景は私には曇って見えました。 そしてセミスイートで食べたルームサービスの食事 …

ほろ苦い香港の100万ドルの夜景とルームサービス〔後編〕

初めて本格的な視察団の添乗員を一人で任され、四苦八苦しながらも順調に日程をこなして、視察先の中国から翌朝は香港へ移動して帰国間近の夜に入電した1本の電話。 それまで和気あいあいと連帯感が芽生えた事務局 …

アクシデントを乗り切って添乗員が思うこと ~三国志のクライマックス「赤壁」を巡るツアー

若き20代の頃、人生を捧げたと言っても過言ではない仕事、それが私にとっての旅行の仕事でした。 今回ご紹介するのは私が旅行会社でようやく地に足がついて来た頃の添乗でのお話です。 そこで起きたアクシデント …

空港閉鎖の危機を乗り越えて添乗員に伝えられた愛の告白?〔前編〕

添乗に出るといろいろなことに遭遇します。 ただ、トラブルがなかったツアーはあまり記憶に残りませんので、トラブルが印象に残ったツアーの思い出がそのまま添乗員としての思い出かもしれません。 とは言え、後で …

最新の投稿記事です