難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】

執筆者:

投稿日:2018-10-08 更新日:

前回の記事で最後の手術結果と入院の様子をお伝えしました。

今回は、難病患者を支える家族・・・主人の活躍をお伝えしたいと思います。
 

私を支えてくれる応援団

私が難病になってから、いろいろな形で応援してくれる家族。

家族の応援なしでは身体気持ちも、ここまで回復することは出来なかったでしょう。

日々の生活の中で私がどんな支援をしてもらっているのか、その一部を紹介してみたいと思います。

主人の活躍

希望

主人は私の病名を知ってから、パソコンで情報収集を始めました。

最新の治療法や回復している方の記事を見つけては「同じ病気の人がこんなに回復しているよ」と私に見せて大きな希望を持たせてくれました。

送迎

大学病院への送迎は高速道路を使っても片道1時間半もかかります。

高速道路の運転に自信がない私に代わりいつも主人が運転してくれるのですが、そのたびに仕事を休まなくてはなりません。

仕事の調整も大変なことでしょう。

そして主人の都合に合わせてくださるだけでなく、私の心配までしてくださる会社の方々にも心から感謝しています。

洗濯

病状が酷かったころ家事禁止・階段禁止と医師から言われてしまいました。

我が家の物干しは2階のベランダにあるので、洗濯物を干しに行けません。

近いようで遠い2階。

そんな私に代わり、平日はお義母さんが洗濯に来てくれましたが休日は主人がやってくれていました。

病状が改善して2階に上がれるようになった現在でも、私が干そうとすると

「俺がやるからいいよ」

と!!

「当たり前なことやってるだけだから」

と言いながら嫌な顔ひとつしないでやってくれています。

息抜き

初めての手術を終え、退院してからの1ヶ月間。

パルスオキシメーターで血中酸素濃度を測りながら、とても慎重に過ごしていました。

まだ自分で車の運転をすることも禁止されていたから、家から出ることもありませんでした。

そんな私に息抜きさせようと、休日は喫茶店に連れ出してくれました。

コーヒー好きな私には最高の気分転換になりました。

主人のDIY

在宅酸素療法が始まった時のこと。

通常のカニューラだけでは短くて、室内を動き回ることはできません。

それで、酸素供給器とカニューラの間に延長チューブをつなげることで、酸素を吸いながらでも室内を自由に動けるようになりました。

ただ、私の行動範囲は広がったけど床を這う延長コードがものすごく邪魔になりました。

延長コードを天井に這わすか、壁に這わすかしなければ、いつか誰かがこのトラップにひっかかり怪我をするかもしれません。

ここで主人のDIY好きに火が付きました。

延長コードを壁に這わせるべく、主人のDIYが始まったのです。

休みの日になるとホームセンターに通い、色々な部品を買ってきます。

単純に壁を這わすという構造なら簡単なのだですが、私の動線に合わせて延長コードの長さが調節できる構造にするため難しい。

時間があれば、壁の上の方をじっと見つめ何やら構想を練る日々が続きました。

休日は何度も試行錯誤して、最適な部品を探すため何度もホームセンターに通い・・・

そして完成!!

お陰で安全で快適に過ごせています。

続きの記事はコチラ
その時のHaruの記事を見てみる
この記事は2014年10月18日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話

 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-, ,

関連記事

パルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー

慢性血栓塞栓性肺高血圧症という難病になった妻がバルーンカテーテル手術の後に退院して移行した『在宅酸素療法』。 酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~ ふわふわ生きる&n …

私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!

前回の記事でお伝えした通り、3回目の手術のための入院は延期になり、『腑抜け』になってしまった私… 『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!? ふわふわ生きる& …

妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない

かの東日本大震災のあと、2011年に4月に発病した妻の病気、『脳静脈血栓症』。 それは絶望的に脳の血管が詰まってしまう深刻な病気でした。 妻が、脳静脈血栓症になりまして… ふわふわ生きる&n …

私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過

前回の記事の続きで慢性血栓塞栓性肺高血圧症のお話をしたいと思います。 私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話 ふわふわ生きる  1 user 1&nbs …

「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断

息切れが激しく、心配になって診察したら慢性血栓塞栓性肺高血圧と聞いたこともない病気の疑いがあると言われてしまった妻。 妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない ふわふわ生きる& …