「 家族から見た闘病 」 一覧

妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄

この記事は執筆者Haruが運営するブログ「はるのたわごと」の引っ越しを目的に2014年10月31日に投稿した記事をリライトして当サイトに転載したものです。記事の時系列も初投稿時のままにしておりますので …

4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」

1・2回、3・4回と「2回を1セット」とするバルーンカテーテル手術。 今回、4回目の手術を終えて経過報告をしたいと思います。 難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター ふわふわ生きる&nbs …

難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター

既にお伝えしてきましたが、妻の『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』という病気。 1・2回目の手術をしてからしばらくは自宅療養が続いていました。 第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEP …

DIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX

過去記事で在宅酸素療法についてご紹介しました。 酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~ ふわふわ生きる  1 user 1 pocket …

第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~

第1回の手術に引き続き、妻の病気の経過のご報告です。 第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~ ふわふわ生きる  1 user 1&n …

第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~

現在、私の妻はこの病気と向き合うこととなっています。 ⇒ 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)関連記事を一覧で見る 第1回目の手術を受けるまでの妻の経過 簡単に検査のために2泊3日の大学病院への入院 …

大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない

疑われている「難病」が『シロ』なのか『クロ』なのか判定するため、投薬しながら6ヶ月の経過観察をするという治療方針に対して、大学病院での早期の精密検査を希望し、主治医の先生に了承頂いた私たちでしたが…。 …

「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断

息切れが激しく、心配になって診察したら慢性血栓塞栓性肺高血圧と聞いたこともない病気の疑いがあると言われてしまった妻。 妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない ふわふわ生きる& …

妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない

かの東日本大震災のあと、2011年に4月に発病した妻の病気、『脳静脈血栓症』。 それは絶望的に脳の血管が詰まってしまう深刻な病気でした。 妻が、脳静脈血栓症になりまして… ふわふわ生きる&n …