定期健診で触れた優しい主治医の心遣い

執筆者:

投稿日:2018-10-09 更新日:

地元の病院へ・・・その結果

私は頻度が高い簡易的な検診は地元の総合病院へ、年に1回の詳細な検診は大学病院へという風に定期検診を受診しています。

今月も月1回の定期健診のため、地元の病院に行ってきました。

結果は良好。

血液検査の結果は、心臓・肝臓・腎臓すべて異常なし。

各種数値は?

心不全かどうかを示す数値【BNP】も正常でした。

パルスオキシメーターで測った血中酸素濃度は、調子が良い時は97とか98という数値になるのですが、この日は96でした。

でも、安静時で95以上あれば良いと言われているので問題なし。
(^^)

動く時は息切れしないよう気をつけながら、『90を切らない程度に』 と主治医から言われています。

どの程度の動きなら大丈夫なのかが分かるように自分でもパルスオキシメーターを買って、ときどき測っています。

血のサラサラ度を示す数値【PT(INR)】は今までより若干高い数値でした。

薬の量の微調整

サラサラ度が高すぎたため、血をサラサラにする薬・ワーファリンの量を微調整して減らすことに。

この病気になった頃の薬の量は、「1日7種類15錠」で、

  • 朝食後・・・7錠
  • 昼食後・・・2錠
  • 夕食後・・・6錠

肺の血管を広げる薬。

血栓が出来ないように血をサラサラにする薬。

ムクミを和らげる利尿剤。

鉄分を補う薬。

それから、沢山の薬から胃を守る胃腸薬。

本当に沢山の薬を毎日飲んで生かされてきました。

それが今回の処方は たったの(?)1日5種類8錠にまで減りました。

  • 朝食後・・・4錠
  • 昼食後・・・1錠
  • 夕食後・・・3錠

薬の量を見るだけでも改善していることがよくわかります。

本当に嬉しい(*^_^*)

叶うことなら…

自覚症状も良くて、以前あった息苦しさや胸の重苦しさもありません。

強いて言えば…

歩きながら長く喋った時に、ちょっとだけ息苦しさを感じるくらいかな。

別に走れなくても、踊れなくても、泳げなくても…

スポーツなんて何にも出来なくていいし、自転車にも乗れなくていい。

完治して欲しいなんて贅沢も言いません。

ただ在宅酸素だけは卒業したいなぁ。

それも叶わないのなら…

せめて携帯用の酸素ボンベ、持って歩けるくらい小型で軽量のボンベが欲しいなぁ…。

前に在宅酸素の業者さんにお願いしてみたんだけど、小型で軽量の酸素ボンベは在庫が少なく、希望の患者さん全てに行き渡らない状況なんだとか(T_T)

優しい主治医

実は今回の受診、予約していた日に行けなかったのですが、私の主治医の先生の診察が週に1回しかないので、1週間遅れの受診となってしまいました。

薬の予備を先回り

毎日、毎回、欠かさずに飲まなきゃいけない薬があるから、予約した日に病院に行けないということは、ホントに大変なことなんですけど、以前、主治医の先生が気を利かせて、

『急に病院に来られないこともあると思うから、予備の薬を1週間分多めに出しておくね。』

と多めに処方してくれていました。

それが今回役に立ちました。(^^)v

そして、予備の薬を使い切ってしまった私は、

『新たに予備の薬を貰えるよう、先生にお願いするのを忘れないようにしなくっちゃ!!』

と思っていましたが…。

私がお願いするより先に先生の方から、

『もう予備の薬、飲み切っちゃったよね? また1週間分多めに処方しておくね』

だなんて~(*^_^*)

私の主治医の先生は若い男の先生ですけど、ホントに気が利いていらっしゃる。

いつも素敵な対応で助かってます

予備の薬のこともそうですけど、大学病院に行く時の紹介状や、難病の更新手続きの際の検査や書類もいつも先々のことを読んでいて、私がお願いする前に抜かりなく準備してくれるのです。

前回の難病の更新時も…

いつもはやらない特別な検査を3つ受けることになってしまいました。

すると主治医の先生が

「検査の為だけにわざわざ病院に来るの大変でしょ?」

「急ぎの検査じゃないから次回の定期健診と同じ日に予約入れて、1日で全部やっちゃう?」

「でも、それだと時間がかなり掛るから疲れちゃうかな?」

「やっぱり検査は別の日に来てやる?」

と私の考えも求めながら、私の希望通りに次回の定期検査と同じ日に検査の予約を入れてくれました。

しかも、通常なら受け取りまで数週間かかる書類も早めに用意しておいてくれたのです。
(^^)

痒いところに手が届くというか、至れり尽くせりというか…。

いつも患者の身になって色々と配慮してくださるのです。

患者の気持ちに配慮してくれる先生に感謝

それだけではありません。

忙しいだろうにいつも笑顔だし、爽やかだし、ちゃんと私の顔を見て話をしてくれます。(*^_^*)

何か質問しても分り易く丁寧に教えてくれます。

本当に頭が下がります。

医師によってはパソコンばかり見ていて、患者の顔すら見ないとか、何か質問しても不機嫌なのか?自信がないのか?何なのか?怒った口調で、もう何も質問できない(させない)医師もいるというのに。

主治医に恵まれたことを感謝して病院を後にしました。

続きの記事はコチラ
この記事は2015年3月30日に書かれたものをブログ引っ越しを機にリライトしたものです。記事中の時系列も記事執筆当時のものになっています。
No.執筆者『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』記事一覧
59Clione酸素ボンベ卒業後~肺高血圧症の薬も卒業
58Haru難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」
57HaruCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」
59Haru『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い
55Haru妻の闘病をきっかけに変わった我が家の幾つかの事柄
54Haru4回目のバルーンカテーテル手術を終えて「ここまで良くなった肺高血圧症」
53Haru難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター
52HaruDIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX
51Haruパルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー
50Haru酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~
49Haru第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
48Haru第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~
47Haru大学病院で2泊3日の検査入院した妻が帰ってこない
46Haru「難病の疑い」に「しばらく様子見」をすることを夫婦で再検討した結果、下した決断
45Haru妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない
44Haru『慢性血栓塞栓性肺高血圧症 CTEPH(シーテフ)とは?』専門サイトの理解の一助としてお役立て下さい
43Clione地元の病院へ!! 大学病院で許可された「在宅酸素卒業と薬削減」の行方は?
42Clioneやったー!酸素が外せる!「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」回復の軌跡
41Clione2回目の「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」定期検査入院で回復の手ごたえあり!
40Clione帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診
39Clione定期健診で触れた優しい主治医の心遣い
38Clione【レビュー】私の愛機 パルスオキシメーター CTEPH患者の必需品
37Clione2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合
36Clione慢性血栓塞栓性肺高血圧症~ハプニングの2泊3日の検査入院
35Clione病院嫌いな私の月1回の定期健診
34Clione難病の私を支えてくれた皆様へ
33Clione難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】
32Clione難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】
31Clione バルーンカテーテル手術からの卒業と退院 『大学病院ホテル』でのバカンス
30Clione『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果
29Clione『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果
28ClioneOh my GOD! 手術前の混乱
27Clione入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術
26Clione私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』
25Clione私の病気を回復に導いてくれた先生、ありがとうございました!!
24Clione『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』いよいよ3・4回目の手術!?
23Clione『肺高血圧症』な私の最近の病状
22Clione闘病する親子に笑顔が届くといいな…『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに
21Clione『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!
20Clione血液サラサラ!『ワーファリン』でも実は注意が必要な薬でもある
19Clione肺高血圧症の受診て何科がいいの?
18Clione病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い
17Clione『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』~心不全値、記録更新!
16Clione『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出
15Clioneバルーンカテーテル手術1ヶ月後定期検診と外出する日常に戻って気づいたこと
14Clione今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした
13Clione肺高血圧症患者が紹介する『酸素』との暮らし ~お出かけ編~
12Clione術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額
11Clione 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の術後情報
10Clione肺高血圧症の手術の効果「2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました」
9Clione初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました
8Clione入院、いざ!バルーンカテーテル手術!
7Clioneバルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復
6Clione私の相棒『携帯用酸素ボンベ』と前向きに付き合えるようになったお話
5ClioneCTEPHの検査入院で『一番痛かったこと』はコレ!
4Clione『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』
3Clione進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った
2Clione私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過
1Clione私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話




 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

このブログはソネットブログで運用していた「ふわふわ生きる ~前を向いて歩こう!」から引っ越して運用しています。

更新日と記事執筆時期が異なる記事があります点にご注意下さい。

※引っ越し対象記事には、記事冒頭もしくは記事末に移転前の記事投稿日時を記載しております。

-慢性血栓塞栓性肺高血圧症
-, , , , ,

関連記事

私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』

今日は自分の病気とは違った話題を一つ取り上げたいと思います。 本日はサッカー選手、細貝選手のお話です。 目次1 アギーレJAPAN初陣2 応援したい選手3 私が細貝選手を応援したい理由4 難病の啓発活 …

難病の私を支えてくれる応援団【子供たちの場合】

前回の記事で主人がどんな応援をしてくれているか、その一部をお伝えしました。 難病の私を支えてくれる応援団【主人の場合】 ふわふわ生きる  1 user 1 po …

私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話

私は現在【慢性血栓塞栓性肺高血圧症】という難病を患っています。 今日から少しずつ、この病気について書いていきたいと思います。 目次1 『前触れ』はこんな風にやってきた2 そして私は『決心』した3 初診 …

帰ってきた主治医のB先生~嬉しい定期検診

ブログの更新をずいぶんサボってしまいました…。 ^_^; 『このブログの人、症状が悪化してしまったんじゃない?』 なんて、ご心配をお掛けしてしまっていたらゴメンナサイ  m(_ _)m とても元気に過 …

DIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し ~我が家のプロジェクトX

過去記事で在宅酸素療法についてご紹介しました。 酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT(ホット)『在宅酸素療法』~ ふわふわ生きる  1 user 1 pocket …

最新の投稿記事です